recuperation_hospitalization dementia_center dementia_treatment dementia_day_care search moon sun spmenu access contact outpatient_rehabilitation waveline recovery_rehabilitation cost event feature info

INFORMATION ON
HOSPITALIZATION

入院のご案内

当病院への入院から退院までの流れと、入院までの手続です。入院を検討されている方はご確認ください。

FLOW & FEATURES RELATED TO HOSPITALIZATION

入院に関する流れと特徴

入院判定

入院前のご相談ではFAX等で診療情報提供書(紹介状)を送っていただき、職員が先方へ出向き、患者面接や家族面談を行い、入院判定いたしますので、ご本人・ご家族に当院へご足労いただかずに入院が決まります。

入院前

回復期リハビリテーション病棟の場合
入院にあたり患者様のお迎えに参ります。場所は問いません。

入院中

入院中は在宅復帰を目的としたリハビリを強化しています。一方で、医学的管理や認知症治療を専門とする入院もあります。目的に合わせた病棟で患者様・ご家族様の支援を行います。

退院後

ご自宅から通いながらリハビリが続けられる「通所リハビリ」施設を併用しており、退院後のリハビリサポートが可能です。また、自宅退院が困難な方には、有料老人ホームやグループホームなども後方施設としてありますので、退院先についてお困りの際は気軽に相談下さい。

入院に関する流れと特徴の写真1 入院に関する流れと特徴の写真2

PROCEDURE UNTIL HOSPITALIZATION

入院までの手続き

お問い合わせ

まず、当院の医療情報課までお電話下さい。患者様の状態等、お伺いいたします。

診療情報提供書の送付

「診療情報提供書」を医療情報課までFAXで送付、または持参して下さい。診療情報提供書は、入院中の場合は病院の地域連携室又は看護師へ。在宅の場合はかかりつけ医へご依頼ください。

患者面接・家族面談

当院の職員が入院中の病院等に出向き、面接・面談を行います。

受入判定

頂いた情報をもとに判定会議を開き、受け入れ可能か協議いたします。結果については電話でご連絡いたします。受け入れ可能の場合には医療情報課が、現在入院されている病院、ご家族様と日程調整させて頂きます。

5

お迎え

回復期リハビリテーション病棟の場合
入院の際には、真網代くじらリハビリテーション病院の職員がお迎えに参ります。距離は関係ありませんので、入院に関しての移動に関するご不安・ご負担は一切かかりません。

  • 入院までの手続き

入院前のご確認

  • 診療情報提供書の原本
  • 健康保険証、各種公費負担医療受給者証
  • 印鑑
  • 退院証明書(現在入院されている場合は、退院時に病院側から頂きます)
  • 処方されているお薬・お薬手帳
  • 着替え、寝巻き、洗面用具、履きなれた靴、等

入院が決まりましたら、パンフレット・必要な書類・チェックリスト等を事前にお送りするか、または持参いたします。

※回復期リハビリテーション病棟では、毎日リハビリ中心の生活になりますので、日中は動きやすいように普段着で生活していただくようになります。

A TOUR

入院のご相談/見学希望

電話等で当院医療情報課までご連絡ください。(8:30〜17:15の間)

Tel

0894-28-1123

Fax

0894-28-1124