recuperation_hospitalization dementia_center dementia_treatment dementia_day_care search moon sun spmenu access contact outpatient_rehabilitation waveline recovery_rehabilitation cost event feature info

INFORMATION ON
HOSPITAL

病院のご案内

VISION

理念

先見性に富む柔軟な発想で
理想の医療・福祉を追求します

くじらグループの理念は、常に先を見据え社会の変化に応じた良質な医療サービス、リハビリテーションを中心とした医療を提供することを謳っています。

くじらグループ

BASIC POLICY

基本方針

1 人権と尊厳のために

私たちは、ひとりひとりの尊厳を認め、人権を尊重することを第一とします。

2 利用者のために

私たちは、利用者の立場に立ち、安全で安心、良質な医療・福祉を提供します。

3 地域のために

私たちは、心のこもったサービスを通じて社会に貢献し、地域の人々との絆を深めます。

4 自己を磨く

私たちは、常に問題意識を持ち、新しい課題にチャレンジする姿勢を忘れず学び続けます。

5 仕事に誇りを

私たちは、自分の仕事に誇りを持ち、互いの立場を尊重し、働きやすい職場環境づくりに努めます。

GREETING FROM THE DIRECTOR

院長挨拶

真網代くじらリハビリテーション病院では、「リハビリ」、「認知症」、「医療療養」の3つの医療サービスを提供しています。一番の中心がリハビリテーション医療で患者様本人の機能回復のためにさまざまな方法を用いてリハビリテーションを行うだけでなく、障害を持って生活する場合、ご自宅の改造提案をはじめ、退院後の通院、通所リハビリテーションをはじめとする、さまざまな面から退院後の支援活動も行っています。患者様のみならずご家族の方々の不安を軽減し、スムーズに在宅療養に移れるようバックアップをする。それが私たちの使命だと考えています。

院長 梶原喜三

真網代くじらリハビリテーション病院 
院長 梶原喜三

HOSPITAL OUTLINE

病院概要

真網代くじらリハビリテーション病院

住所

796-8053 愛媛県八幡浜市真網代甲229-5

Tel・Fax

TEL 0894-28-1123・FAX 0894-28-1124

院長

梶原喜三

診療科目

リハビリテーション科、内科、皮膚科、精神科、神経内科

病床数

180床

施設基準

*回復期リハビリテーション病棟入院料1(60床)
*地域包括ケア入院医療管理料2(31床)
*(医療)療養病棟入院基本料2(29床)
*認知症治療病棟入院料1(60床)
*脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
*運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
*呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
*がん患者リハビリテーション料廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
*通所リハビリテーション(40名)
*重度認知症患者デイケア しおさい(50名)

指定・認定状況

日本医療機能評価機構認定病院
機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.1
主たる機能:リハビリテーション病院

日本医療機能評価機構認定病院

その他

回復期リハビリテーション病棟連絡協議会会員施設

HISTORY

沿革

平成6年

6月

真網代くじら病院開設(100床)
西日本初の完全型の療養型病床群として開設

平成10年

9月

増改築工事完了(150床)・・・ (療養型病床群100床)(老人性痴呆疾患療養病棟50床)

平成11年

4月

精神科デイケア開始(平成14年7月くじら病院へ統合)

5月

療養型病床群20床増床(170床)・・・ (療養型病床群120床)(老人性痴呆疾患療養病棟50床)

8月

老人性痴呆疾患療養病棟4床増床(174床) ・・・(療養型病床群120床)(老人性痴呆疾患療養病棟54床)

10月

精神科デイナイトケア開始(平成14年7月くじら病院へ統合)

平成12年

4月

病院名改称「真網代くじらリハビリテーション病院」

10月

重度痴呆患者デイケア開始

平成13年

11月

病院機能評価認定第46号(複合病院種別A:精神・長期療養)

12月

リハビリテーション室増築

平成14年

11月

デイケアセンター新築(1F重度認知症患者デイケア・2F通所リハビリテーション)
老人性痴呆疾患療養病棟6床増床(180床) ・・・ (療養型病床群120床)(老人性痴呆疾患療養病棟60床)

平成15年

11月

総合リハビリテーション施設基準取得

平成16年

7月

老人性痴呆疾患療養病棟から特殊疾患療養病棟へ変更

平成18年

12月

病院機能評価更新認定

平成19年

12月

回復期リハビリテーション病棟(60床)開設(180床)
・・・ (医療療養病床60床)(特殊疾患療養病棟60床)

平成20年

10月

特殊疾患療養病棟から認知症療養病棟へ変更

平成22年

12月

医療療養病棟を回復期リハビリテーション病棟に転換(180床)
・・・(回復期リハビリテーション病棟120床)(認知症療養病棟60床)

平成26年

10月

回復期リハビリテーション病棟60床を療養病棟に変更(180床)
・・・(回復期リハビリテーション病棟60床)(療養病棟60床)(認知症療養病棟60床)

11月

回復期リハビリテーション病棟入院料2から入院料1に変更

HOSPITAL EFFORTS

病院の取組

5S活動

病院の風土改善に向かい、第一歩となる5S活動を立ち上げました。この活動を通して人為ミスを減らし、療養環境改善、患者様へのサービ向上を狙います。今後は部署ごとに、設定したスローガンや目標の下、スタッフ全員が主体となって活動して参ります。

5S活動

くじらリハビリカフェ

「元気高齢者作り」の取り組みをサポートしようと、依頼のあった所へリハビリのスペシャリストが出向き、口腔機能アップや介護技術、認知症エクササイズなどを行う、リハビリ講座「くじらリハビリカフェ」を始めました。地域全体で正しい知識を身に付け、隣人同士が助け合える町を目指し、私たちに出来ることは何か、今後も考え行動して行きます。

くじらリハビリカフェ

研究大会

高齢化社会を迎え、リハビリテーションの重要性は増す一方です。誰もがよりよいリハビリを受けられるよう、回復期リハ病棟の質的向上と発展を目的とし、回復期リハビリテーション病棟協会は設立されました。その目的達成の為に、年に1度研究大会が開催されていおり、当院からも発表のため毎年参加しています。

研究大会

院内学術研究発表会

年に1度、各部署で行っている医療・介護の実績や患者様の傾向データ分析に基づき、今後取り組むべき課題に付いての研究報告を行います。
自分の中に生まれた疑問や気付きを発表を通してどこまで遠く伝えられるか、また多角的な意見を集めることができるかが成長し続ける鍵ではないかと考えています。

院内学術研究発表会

院内学術研究発表会 過去ログ

2015.09.17

平成27年度プログラム