真網代くじらリハビリテーション病院


対象者のご案内
回復期リハビリ病棟への入院可能な疾患と発症(または手術)からの経過日数と入院期間

脳血管疾患 大腿骨・骨盤
脊椎・股関節・
膝関節の骨折
外科手術や肺炎等の
治療時の安静により
生じた筋力等の
低下がみられる状態
大腿骨・骨盤・
脊椎・股関節・
膝関節の神経・
筋・靱帯損傷後
入院までの期間
発症または
手術後2ヶ月以内
発症または
手術後2ヶ月以内
発症または
手術後2ヶ月以内
受傷後
1ヶ月以内
入院できる期間
150日間

高次脳機能障害を
伴う場合180日間

90日間 90日間 60日間

入院までの流れ

01入院相談 02入院前面接 03入院日決定 04入院当日
入院中の担当医又は連携担当職員の方に相談してください。
担当医からの診療情報提供書等から、ご入院可能かどうか検討させていただきます。
当院職員が面接に伺います。その際、ご本人の状態やご意向をうかがうとともに、ご家族・ご本人に当院のサービスや条件等をご説明いたします。この面接後に正式な入院判定を行います。 上記入院判定結果と、入院日時など、ご紹介いただいた医療機関の連携担当の方へお知らせします。 回復期リハビリテーション病棟へご入院の場合、基本的には、患者様のお迎えに伺っています。
入院時にご準備いただくもの
● 健康保険証及び各種医療証(限度額適用認定証、身体障害者手帳、介護保険証など)
● 入院申込書(記入・押印済みのもの)、印鑑
● 診療情報提供書、退院時サマリー、その他病院から渡された物(レントゲンフィルムやCD-R等)
● 退院証明書
● お薬(残薬・持参薬など)、お薬手帳
● 入院案内(冊子)にある『入院時の持参品』
環境病院のご案内来院のご案内交通アクセスのご案内