真網代くじらリハビリテーション病院


専門スタッフによる集中的リハビリ

ST 言語聴覚士+歯科衛生士/歯科衛生士を配置し、他のリハビリスタッフと連携しながら指導を行います。

脳血管障害などによりコミュニケーション障害(失語症、構音障害)、飲み込みに障害(嚥下障害)がある患者様にリハビリを行います。
コミュニケーション障害には大きく2つあり、「失語症」という言葉の理解や表出が難しく、上手くコミュニケーションを図れない状態と、「構音障害」という口や舌のマヒなどによってロレツが回らず話しづらく、言葉を聞き取りづらい状態です。
失語症の患者様には言語能力【聴く】【話す】【読む】【書く】【計算】の改善を目指しリハビリを行います。また、周囲の方と円滑なコミュニケーションを図れるよう助言を行います。構音障害の患者様には、聞き取りやすい言葉を話せるよう、口の体操や発声練習、言いづらい言葉の練習などのリハビリを行います。
飲み込みの障害は、口や喉の動きが低下すること等が原因で生じます。「誤嚥」と言い、食べ物などが食道ではなく肺に入ると肺炎の原因となります。必要に応じてVF(嚥下造影)検査などを用い評価を行い、リハビリでは口の体操やマッサージ、実際の食べ物を用いた練習などを行います。より安全に食べて頂けるように、食事内容や、姿勢、介助方法も検討します。
更にに当院では、歯科衛生士が他のリハビリスタッフと連携しながら口腔ケアについて指導を行っています。歯磨きが十分にできず、口が不潔な状態は、虫歯や歯周病の原因となるだけではありません。不潔な口の中には細菌が増殖し、唾液などと共に誤嚥してしまうと、肺炎の原因となるため、口腔ケアの重要性が注目されています。また歯磨きには口の機能を維持・改善する効果もあります。
 
  • 専従医
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士+歯科衛生士
  • 看護師
  • 社会福祉士・薬剤師・管理栄養士
環境病院のご案内来院のご案内交通アクセスのご案内