真網代くじらリハビリテーション病院


専門スタッフによる集中的リハビリ

PT 理学療法士/1対1を基本とし、運動療法が中心 スタッフがご自宅に伺い、自宅の状況や家の周りの環境を把握。早期から下肢装具等を用いた歩行訓練や、自宅を想定した動きの確認や練習を行います。

「リハビリ=立ったり、歩いたりする練習」と思われる方も多いのではないでしょうか?
リハビリにもいろんな種類がありますが、理学療法では一般的に「リハビリ」と思われる、立つ・歩くを主に行っています。(もちろんそれだけではありませんが)
当院に来られる患者様には、病気やケガをされたことで、「ベッドから起き上がること」「背もたれの無い所で座っていること」等、普段意識すること無く出来ていたことが難しくなっている方も大勢おられます。
理学療法では、患者様が生活する際に必要となる動き(起きる・座る・立つ・歩く)をもう一度、安全に、出来るだけ自分の力で行うことができるようになるためのサポートを行っています。
思うように動かせなくなった手足が少しでも動かしやすくなるように。今出来ていることが更に安全でスムーズにできるようにアプローチしています。
方法としては運動することを中心とした「運動療法」、温熱や電気刺激など機械を使用して行う「物理療法」がありますが、当院では1対1を基本とし、運動療法を中心に行っています。
ほとんどの患者様が「自宅に帰ること」を目標にリハビリを頑張っています。その為には、スタッフがご自宅に伺い、自宅の状況や家の周りの環境を把握し、入院中においても自宅を想定した動きの確認や練習を行っています。1人でも多くの患者様やご家族が、安心して自宅に帰れるよう、その方に合わせた方法でサポート出来るよう、各職種との連携をとりながら日々業務を行っています。

  • 専従医
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士+歯科衛生士
  • 看護師
  • 社会福祉士・薬剤師・管理栄養士
環境病院のご案内来院のご案内交通アクセスのご案内