真網代くじらリハビリテーション病院


治療内容・自宅復帰までのプロセス
01急性期病院入院/発症・受傷・手術02回復期リハビリ/入院03入院日/リハビリ評価04入院初日〜翌日/リハビリ開始05約一週間後/自宅訪問(1回目)

退院後に快適な生活をお送りいただくため、入院日~1週間程度に1回目、退院約1ヶ月前に2回目のご自宅訪問を実施しています。住環境・周辺環境の把握を行い、リハビリプログラムに反映させ、住宅改修、福祉用具の利用等の検討も行います。また、必要に応じリハビリ職員と共に患者さん本人に外出していただき、自宅での動作確認を行うこともあります。

06定期リハビリカンファレンス

入院2週間目、以降月1度、各職種の担当者が集まり、リハビリ進行状況やリハビリ計画、治療内容、退院までの予定等を検討・決定します。

07退院1ヶ月前/自宅訪問(2回目)・外出訓練08退院準備カンファレンス/退院に向けた相談・家屋調整・地域連携

退院予定の約1ヶ月前に実施しており、当院独自のもの。担当スタッフが、患者さん・ご家族・在宅のサービス担当者などを交え、現状報告、日常生活動作の自立度、自宅訪問内容等をふまえ、退院に向けて介護保険サービスの利用の検討、住宅改修・福祉用具の提案、医療についてなどを検討・調整します。

09退院前カンファレンス/介助指導・栄養指導・動作指導・服薬指導

退院予定の1~2週間前に実施。本人への動作指導、ご家族への介助指導のほか、再発予防のため栄養指導や服薬指導も実施します。

10退院11退院後フォロー/通所リハビリ・訪問リハビリ・通所介護等

退院後、ご自宅でリハビリ継続をご希望される方には、くじらグループが行っている通所リハビリテーション・訪問リハビリテーションのご利用相談が可能です。また、入浴や介護などを希望の方には通所介護など、在宅生活でお困りの際はご相談いただけます。
環境病院のご案内来院のご案内交通アクセスのご案内