recuperation_hospitalization dementia_center dementia_treatment dementia_day_care search moon sun spmenu access contact outpatient_rehabilitation waveline recovery_rehabilitation cost event feature info

NEWS &
TOPICS

ニュース&トピックス

【地域包括ケア病床】オープン!!

2016.10.14

真網代くじらリハビリテーション病院は、10月から地域に寄り添う【地域包括ケア病床】をオープンしました!
リハビリテーションを更に充実し、医師・看護師・理学療法士など多職種協働で患者様・ご家族と関わり、
住み慣れた地域での暮らしを支援します。

【地域包括ケア病床とは?】
急性期治療(※1)により症状が安定したものの、すぐに在宅や施設へ復帰することに不安がある患者様に対し、
医療やリハビリテーションを行う病床です。
在宅療養中に状態が悪化したときの入院やレスパイト入院(※2)の受入も行い、在宅医療をサポート致します。
地域の様々な医療機関や介護事業所等と連携し、在宅復帰へスムーズに移行するため、
専門スタッフが効率的にリハビリテーションや在宅復帰を支援します。

(※1)急性期治療…症状・徴候の発現が急激で、生命の危機状態にあり、
  手術等による症状が急激に現れ全身管理を必要とする治療。
(※2)レスパイト入院・・・医療管理が必要な方が在宅で療養されており、介護者の「一時休止」や「休息」
  により在宅での介助が一時的に困難になった場合に、当病院で短期入院できる仕組みです。
  (例えば、近親者の冠婚葬祭、介護者の病気・出産・旅行など家族の事情で介護が困難になった場合や、
  介護者が日々の介護に疲れを感じ、介護力の限界を超え介護不能となることを予防する場合など)

さらに、病床変更により真網代くじらリハビリテーション病院のパンフレットがリニューアルいたしました。
より一層、真網代くじらリハビリテーション病院の魅力がつまったパンフレットを是非ご覧ください!

   

一覧へ戻る